世界はどのようにして豊かになったのか・・

こんにちは。

桑原通夫です。

 

豊かさの誕生・・という

本から・・

 

著者はウィリアム・バーンスタイン

 

アメリカの「投資情報サイト」

を運営していて

歴史研究や投資理論家としても

有名な方だそうです。

 

バーンスタインによると・・

世界が豊かさを増して行ったのは

1820年以降の事だそうです。

 

それまでは、農耕社会だった

ことに加えて

宗教(キリスト教)が原因で

 

社会が物質的に豐になる事を

阻害していた・・というのです。

 

この二つにより、人々が

自由闊達に行動できなかったため

 

経済的に豊かになる事に、

ブレーキが

かかっていたそうです。

 

バーンスタインが言うには、

世界が豊かになるには、次の

ようなことが整備されること・・

 

まずは・・

私有財産

科学的合理主義

資本市場

効率的な輸送手段

効率的な通信手段・・

 

という5つの要因が整う事が

必要だったというのです。

 

 

それまでのヨーロッパでは、

カトリック教会が金融と

資本形成に、反対の立場を

取っていました。

 

そのことが人々の創意工夫や

自由な発想を阻害していた・・

 

そのことが原因で

社会が豊かになれなかった・・

と言っています。

 

という事で、世界が豊かになった

のは、1800年前後の事であり

GDPの伸びで言えば・・

正確には1820年以降の事

なのだそうです。

 

1820年ころの世界とは・・

ヨーロッパ社会では

それまでの農耕社会だったのが

 

18世紀後半にイギリスで起きた

産業革命により、生産量が

画期的に増していきました。

 

ヨーロッパが農耕社会から

工業社会に様変わりしたのです。

 

豊かさの誕生とは

経済的豊かさの事である・・

と仮定した場合、

豊かさは、GDPであらわす

ことができます。

 

1820年以降の世界は

GDPが急カーブで上昇して

行きました。

 

ヨーロッパがそれまでの

農耕社会から工業社会に

移って行ったことで

 

世界は急速に豊かさを

増して行った・・と

いうのです。

 

農耕社会では・・

労働力が2倍になっても

生産力まで2倍にはならない・・

 

人工が増えれば増えるほど・・

生活は貧しくなってしまう・・

 

労働力を増やしても

生産力が増えるのはわずかであり

 

労働者の人数が多くなるほど

1人当たりの生産量は逆に

少なくなって行く・・

 

労働力→2倍=生産量→2倍 

には、ならないのです。

 

農業とはそういうもので

単純に労働時間を長くしても

 

土地を増やしたりしない限り

生産量はふえない・・

 

農業で生産量が増すのは

労働力ではなく、別の要因・・

つまり、土地が肥沃なのか・・

痩せた土地なのか・・

なのです。

 

人口が増えても

1人当たりの豊かさには

直接的に繋がらない・・

 

むしろ人口が増えるの程

食料消費も増え、貧しくなる・・

と言う事です。

 

人工が2倍になれば、当然

食料も2倍必要です・・

 

しかし、農耕社会では

労働力を2倍にしても

生産量は2倍にならない・・

 

そのため、人口が増えるほど

国は貧しくなって行く・・

 

中国の1人子政策が

そのいい例です・・

 

人口増による貧しさの

解消のために

行われた‥という事です。

 

しかし、産業革命以降・・

工業社会になると話は別です。

 

工業社会では、資本が加わります。

 

資本を投下することで

労働力を2倍にしなくても

生産力を上げることができたのです。

 

資本の投下により、大幅な設備投資

を行い、同じ人数でも

生産力は・・10倍100倍と

増やすことができたのです。

 

設備だけでなく、労働者が熟練すると

更に生産能力も向上します。

 

産業革命により・・

世界のGDPは急上昇したのです。

 

1820年とは

工業社会に必要な5つの要素・・

すべてそろった時代なのです。

 

その5つについて、簡単に説明します。

 

まずは・・

私有財産権・・が出来たことで

自分で稼いだものが自分のものに

できるようになった。

結果・・労働意欲が向上していった。

 

科学的合理主義・・1820年以前は

キリスト教が邪魔をして

人々の自由な発想を阻害していた・・

そこから解放されて

観察→仮説→検証 が出来るようになり、

化学が発達していった・・

         

資本市場・・・金融市場が出来たことで

市場で資金調達が可能となり

設備投資を行い、生産力が伸びたことで

金融経済が盛んになり

債券市場や祖証券市場も誕生した・・

 

通信手段・・郵便や新聞・電報等の

発展により、宣伝広告が発達していき、

市場が拡大した・・

 

輸送手段・・鉄の蒸気船や蒸気機関車

誕生により、海運や陸運事業が発達して

輸送コストが大幅に改善されて行った・・

低価格で大量郵送が可能となった。

   ・・・以上・・・

 

このようにして、

世界は経済的に豊かになって行った・・

という事です。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

オールインワンのネットビジネスに欠かせないメルマガスタンドです・・・

http://myasp-ao.com/l/c/tmCbC7lI/jM3Hsw0z

動画もご覧ください・・山形の自然と日常をお伝えしています。

https://www.nicovideo.jp/user/96663403/video
 

 

金子 ラインの使い方動画

https://www.youtube.com/watch?v=WiKEVucHrVc

 

資生堂は大丈夫なの? 魚谷氏の評判・・

こんにちは。

桑原通夫です。

 

資生堂が心配な状況だそうです。

 

化粧品は粗利が9割と言われますが

本当のようです。

 

原材料は主に水です・・

それに油が少々・・

という事で、9割が

粗利となっているようです。

 

儲かる→新規参加者が多い。

競争も激化する・・

 

しかし‥純利となると

かなり厳しいようです。

 

特に販管費が多い業界ですし、

先に宣伝広告をしなければ

ならないので

資金ショートも起こりやすい・・

ということです。

 

10円の原価のものを1000円で

売ると言われる化粧品業界で・・

 

特に資生堂が有名ですが

ここに来て資生堂の戦略に

問題があるのでは・・

とささやかれています。

 

戦略とは・・普通はやらないことを

決めることです。

次々と新たなことをやるのが

戦略ではありません。

 

無駄を省き

経営資源を集中して

どこに的を絞るか・・

 

それが戦略ですが

資生堂は、海外進出も含めて

手を広げ過ぎている・・

いろんな分野に手を出し過ぎている・・

と言われているようです。

 

資生堂は世界に進出して

グローバルカンパニーを目指そうと

しているわけですが

 

アメリカでもヨーロッパでも

アジアでも・・大苦戦している

ようです。

 

グローバルを勘違いしているのでは

という声もささやかれます・・

 

市場が多すぎると競争も激化します。

世界を相手にするなら

それなりのブランド力も必要です。

 

世界から見れば資生堂

ブランド力はまだまだ弱い。

 

国内でさえナンバーワンに

なっていない企業が

 

世界に打って出て

生き残れる可能性は極めて少ない・・

 

それが今の資生堂の現実だ・・

という事です。

 

化粧品は粗利が大きい。

新規参入者も多い。

宣伝広告次第である。

 

製造は外注で・・

化学メーカーに任せる・・

原材料もほぼ同じようなもの

 

違いは、宣伝と資金繰りだけ・・

という事で

 

中小企業がもちろんの事、

個人でも参入がしやすい業界

なのです。

 

つまり、、

非常に競争相手の多い業界でもある・・

そして先に宣伝費用をかけないと

成り立たない・・

 

という事で、先行投資が当たり前の

業界です。

 

売れなかったら、たちまち資金繰りが

苦しくなり・・

 

先に投資をしているので、たとえ

苦戦していても、すぐに撤退しにくい。

 

一度足を踏み入れると

なかなか抜け出せない世界なのです。

 

資生堂の最大の勘違いは

グローバル化を間違えていること

だそうです。

 

日本国内でトップであれば

世界進出も、不思議ではありませんが

 

資生堂のシェアは13%ほどしかなく

デパートで売り上げを伸ばしてきた

企業です。

 

日本ではそこそこブランド力はあっても

世界に出るとそれが通じなくなっている・・

 

昨年、資生堂は新経営体制発表の

記者会見を行ったわけですが

 

資生堂の社長と言えば

日本コカ・コーラの会長も歴任した

プロ経営者・・

 

として有名な魚谷雅彦氏ですが、

2024年まで任期があるのに、

この度、社長を交代するようです。

 

魚谷氏は業績不振の責任を取るのか・・

と思いきや

そうではなく、代表権のある

会長に収まるのだそうです。

 

新体制の発表と記者会見までして

おきながら・・自分は会長に収まる・・

 

それでは何も変わらないだろう‥

というのが大方の見方のようです。

 

そしてこの魚谷氏といえば・・

社長報酬として年間5億円も

取っていたそうです。

 

社員のボーナスは業績不振でゼロ・・

なのに責任者の社長報酬が

年間5億円とは・・

 

資生堂関係者から怒りとも

嘆きともつかない声が・・

 

コロナ前はインバウンドの

追い風もあり、売上も好調でしたが

ここに来て大幅赤字です・・

 

海外へ進出もうまく行かず

赤字が膨らんでいます。

 

資生堂は2023年1月1日付で、

新たな代表取締役社長に

海外事業に精通する、藤原憲太郎氏が

昇格すると発表しました。

 

代表取締役社長魚谷雅彦氏は、

代表取締役会長CEOに就任する・・

 

2023年3月開催の定例株式総会での

取締役選任決議を経て・・

就任となる予定です。

 

果たしてどうなるのか・・

株価も下降・・

株主総会は大荒れか・・

さあどうする・・資生堂

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

オールインワンのネットビジネスに欠かせないメルマガスタンドです・・・

http://myasp-ao.com/l/c/tmCbC7lI/jM3Hsw0z

動画もご覧ください・・山形の自然と日常をお伝えしています。

https://www.nicovideo.jp/user/96663403/video
 

 

金子 ラインの使い方動画

https://www.youtube.com/watch?v=WiKEVucHrVc

 

 

 

 

 

 

 

 

コンテナ物語って何? 水平分業の元って・・

こんにちは。

桑原通夫です。

 

コンテナ物語とは・・

 

物語の主人公は、コンテナの

発明者である

マルコム・マクリーンという

アメリカの若き起業家です。

 

今は、コンテナを知らない

人はいないくらい

当たり前のようになっています。

 

港には大量のコンテナが毎日

海外から運ばれてきたり、

 

日本からも多くのコンテナが

海外に運ばれています。

 

そのコンテナという革命的な

発明により・・

物流が大幅に発展したのです。

 

それと同時に、

輸送費が大幅に軽減され

 

価格にも大きな影響を与え

結果として世界中の人々が

恩恵を受けたのです・・

 

今でこそあの四角い箱で荷物が

運ばれることは

当たり前になっていますが

 

それ以前には

企業で作った製品は多種多様の

ものを1つの船に乗せて

まとめて運んでもらっていた・・

 

そして現地ではさらに

人件費をかけてその荷物を

トラックに積み替えたり

 

駅に運んで鉄道に

積み込んだりと・・

とんでもない手間暇と

労力が,かかっていたのです。

 

それがあのコンテナの出現により

商品ごとに・・行き先事に・・

効率よく運べるようになったのです。

 

もちろん他の企業の品物と一緒に

運んでもらえるので

1社で船をチャーターするよりは

低コストで済みます・・

 

種類別にまとめて運ぶので

仕分けの手間もかかりません。

 

結果として・・

モノが早く大量に安く

世界中に行き渡り、

 

製造業ではグローバリゼーションが

起きることになりました。

 

コンテナの発明者であるマクリーンは

起業家であり、

今でいうイノベーターの走りです。

 

ただ、マクリーンは・・

モノを低コストで運ぶには

どうすればいいか・・

を考えただけでした。

 

輸送コストを安くしたい・・

という目線から、

コンテナという方法を

思いついたのだそうです。

 

マクリーンは、コンテナ事業に、

全投資をして、

業界の既得権益などお構いなしに

壊そうとする反逆者・・でした。

 

それまでは同族会社として

陸運事業をやっていましたが

 

陸運業から海運業にシフト

するためには

退路を断って突き進む・・

という決意をして

一族全員で辞職して

新たな海運事業に賭けたのです。

 

財務と法務を駆使した買収により

海運業に進出・・

 

その買収の方法も

買い取り先の企業を担保にして

借金をする・・というもので

画期的なものでした。

 

海運の門外漢だったマクリーンだから

できたことだったのでしょう。

 

門外漢であったのだけど同じモノを

運ぶ陸運業者としての目線で

 

海運業を捉え、それが成功した

ということです。

 

このアメリカの若い企業家の

考え出した方法が・・

 

荷物をまるごとトラックで運ぶ

舟でも運ぶ・・ことだったのです。

 

このコンテナの発明が製造業の

世界的な水平分業の元と

なったのです。

 

そして物流の代表的なものは

船・鉄道・トラックで運ぶ・・

というものですが

 

そのすべてに欠かせないのが

コンテナという箱なのです。

 

しかも世界同一規格のコンテナを

利用することで

 

世界中に荷物の積み下ろしの

人件費が大幅に縮小した・・

 

それ以前は輸送費と同じくらい

人件費がかかっていた・・

 

それがコンテナの出現により

半額までになった・・

 

コンテナ以前だと一つの船を

チャーターして、いろんなものを

詰め込んで運んでいた・・

 

その荷物が着いた国でも

荷物の積み下ろしをして、

トラックに積み替えて

鉄道で運んだりしていた・・

 

その人件費は輸送費と

同じぐらいの

多額の費用が発生していた・・

 

コンテナの出現により

結局、製造→輸送→販売 

までの経費が半分になった・・

 

そのことにより、、自国で

モノを造らず

人件費の安い新興国で造る・・

 

コンテナにより、

人件費の安い国で製造し

安く作ったものを

自国で売る‥という事が

可能になった‥のです。

 

それが・・分けて物を作り

自社商品として販売する・・

 

それぞれが得意分野を受け持つ

という・・水平分業に

繋がって行ったのです。

 

各自が得意なものを集中して

手掛けることで

品質も効率も良くなった・・

 

1個当たりの固定費が下がり

値段も安くなる・・

 

消費者は、同じお金で多くの

ものが買えるようになった・・

 

生活が大きく豊かになった・・

という事でコンテナの発明が

 

18世紀の産業革命以降・・

世界経済が急速に発展した

要因となったのです。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

オールインワンのネットビジネスに欠かせないメルマガスタンドです・・・

http://myasp-ao.com/l/c/tmCbC7lI/jM3Hsw0z

動画もご覧ください・・山形の自然と日常をお伝えしています。

https://www.nicovideo.jp/user/96663403/video
 

 

金子 ラインの使い方動画

https://www.youtube.com/watch?v=WiKEVucHrVc

 

 

 

JT株が超お勧め・・そのわけは・・

こんにちは。

桑原通夫です。

 

JT株は一押し・・リスク最小の

優良株だそうです。

 

JTはメーカーとしては、

非常に高い利益率です。

 

一般的に日本企業で

営業利益率が10%以上

維持できる企業は、

 

優良なビジネスを展開して

いると評価されます。

 

そのような中で

常に20%を超える・・

営業利益率を保っている

のがJTなのです。

 

そのわけとは・・

JTは独占企業です。

競争相手はいません。

 

外資企業が少しはあるが

国内に競争はないし、

今後も起こらない。

 

価格も値下がりは無く、

あるのは値上げだけです。

 

しかも大株主は政府という事で

価格競争も全く起こらない。 

 

しかし高い営業利益率は、

多少のアクシデントや

不況で赤字化することはありません。

 

 

新規参入もありませんし

価格競争もなく、

必要な利益は安定して

得られる仕組みが出来ているのです。

 

ほぼ独占・・と言う企業ですから

危機感もありません。

とても緩い経営をしているのです。

 

しかし、そういうと世間から

叩かれてしまうので、

『我々は一層厳しい環境の中で

苦戦しながらも事業の維持に

務めています・・』などと

 

上手くコメントをして

ごまかしているのだそうです。

 

そんなことができるのも・・

かつては専売公社だったわけで

業務独占が当たり前でした。

 

今も、大株主は財務大臣・・

JTは日本国(財務大臣)が

 

発行済株式の33.4%を保有する

最大の株主であり、

株主への利益還元に積極的です。

 

これまで自社株買いや増配を

積極的に実施してきました。

 

という事で民営化になっても

政府がコントロールできる

企業なのです。

 

というのも、たばこは体に悪いもの・・

中毒性の強いもの・・

一種の麻薬のようなもの・・

出来れば抹消したいもの・・

と政府は考えていました。

 

しかし民間の根強い反対がある

ので出来ない・・

 

そこで政府は価格を上げることで

出回る数を少なくしようとしています。

 

その一方では海外で売り上げを

伸ばしています。

 

中間期(1-6月)の実績を見ると、

海外たばこ事業の販売総本数は

 

2,289億本と前年同期比8%

増加しました。

 

販売単価も、フィリピン・ロシア・

UK等で上昇しました。

 

円安による減収分を吸収して

海外事業は力強い増収増益と

なっているのです。

 

そして利益の4分の3を株主配当にできる・・

その筆頭株主財務大臣・・

 

体に悪いもの・・を売りながら

安定した利益を得ている・・

 

たばこ生産農家もおりますが

取引先はJTだけ・・ということで

いいなりです。

 

それなのに・・

『我々は一層厳しい環境の中で

苦戦しながらも事業の維持に

務めています・・』と発表。

 

どこが厳しいのか??

 

世論からたたかれないための

方便でしかない・・

 

たばこは中毒性があるため、

価格が上がったとしても‥

辞められない。

つまり‥顧客がいなくなることは

考えられないのです。

 

生涯1人のお客さまが

煙草に使う金額は

400万位という試算もあります・・

 

400万×喫煙者数 ですから

しかも・・値下げは一切なしです。

 

こんな緩い企業は他にありません・・

というのが、投資家の見方なのです。

 

もちろん・株式投資

リスクが全くない企業なんて

ありません。

 

だから、正直な話、JTでも

強制的に排除されたり

分割されることも

あるかもしれません。

 

しかしそれも当面の話ではなく

可能性としては0ではない・・

という事ですから

 

JTはお買い得銘柄なのです。

 

 

 

 

水平分業とは・・

水平分業とは・・

 

水平分業は技術開発や

原料調達・・それから

組み立て工程などを、

 

異なる企業が得意分野を

生かして協力する・・

ビジネスモデルのことだそうです。

 

対して従来通りのビジネスを

垂直統合・・というそうですが

 

垂直統合とは、一つの企業が

開発から生産などを受け持つ・・

 

という事で、かなりの資金が

必要となります。

 

その点、水平分業は

資金面でもリスク面でも

負担が少なくて済む・・

という事のようです。

 

 

この水平分業というモデルは

パソコンや薄型テレビなどの

デジタル家電の分野で広がってきた・・

という事です。

 

中でも、巨額の設備投資がかかる

半導体業界で一気にこの

水平分業が拡大していったのです。

 

水平分業の登場により

従来の垂直統合と違い、

規模の経済や仕入れ先の確保、

流通網の確保にかかる

 

巨額の投資が不要になったことで

他の業界にも。広がりを見せ

中小規模の企業の参入の垣根が

低くなって行きました。

 

その影響をまともに受けたのが

日常用品を取り扱う企業・・

花王です。

 

従来であれば、

自社で土地建物を確保し

商品開発等にも多額の投資が

必要だった日用品分野には・・

 

花王のような大きな企業でないと

参入できない・・

と思われていました。

 

それまではほぼ独占状態の日用品の

業界が、水平分業・・により

完全競争になって行った・・

 

それに巻き込まれた形で

花王もp&Gも苦戦している・・

という事です。

 

とくに花王多角化経営戦略は

足を引っ張っているようです。

 

得意分野以外にも首を突っ込む

ことは・・

経営資源を無駄に使う事にも

なるのです。

 

よく言われるところの
5つの競争環境・・

からすると、

 

新規参入の脅威

代替品の脅威

売り手の交渉力

業界内の競争

買い手の交渉力・・

 

これらすべての分野で

当てはまるようになっように

なった花王は・・

 

新たな局面に立たされている‥

という事のようです。

 

時代はまさに水平分業・・

今は中小企業でもアイデア次第で

水平分業を利用することで

新規参入が比較的可能になった・・

 

という事のようです。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

オールインワンのネットビジネスに欠かせないメルマガスタンドです・・・

http://myasp-ao.com/l/c/tmCbC7lI/jM3Hsw0z

動画もご覧ください・・山形の自然と日常をお伝えしています。

https://www.nicovideo.jp/user/96663403/video
 

 

金子 ラインの使い方動画

https://www.youtube.com/watch?v=WiKEVucHrVc

 

 

 

 

AIの弱点とは・・銀行編・・

こんにちは。

桑原通夫です。

 

銀行・金融業界では

様々な課題を解決するために

AIの導入が進められている

そうです。

 

特に業務効率化を目的とした

問い合わせ対応のための

チャットボットや、

 

サイバーセキュリティ対策の

強化をはかるための

AIモニタリング技術は、

 

現場で一定の成果を出している・・

ということです。

 

業務効率を向上させて

コストパフォーマンスの向上の

可能性を秘めたAI技術は、

 

これからの銀行・金融業界にとって

期待の持てる技術です・・

 

という事ですが

果たして問題はないのだろうか・・

 

という事で調べますと・・

根本的な問題がありました。

 

それはAI最大の弱点・・

とも言えるもので

 

例えば銀行の場合・・

銀行が貸出先を選ぶとき

AIに選ばせると・・

 

現預金の3分の1の貸し出しで

しかも高金利というものを

平気で選び出すそうです。

 

つまり、借り手側にとっては

全く不利益な条件であるような

選び方を平気で行う・・そうです。

 

AIの場合、その企業への貸出額は

どれぐらいが妥当か・・ということを

算出する場合、

 

その企業が持つ現預金額の

3分の1まで・・と言う具合に

決めつけるのです。

 

持っているお金の③分の1って・・

誰がそんな中途半端な額を

借りるだろうか・・

 

しかも高金利です・・

借りるわけありませんよね。

 

でもAIなら、平気でそういう

答えを出すのだそうです。

 

少額でしかも高利の借り入れをする

企業なんて、よほどの事情がない限り

あり得ません。

 

人間の判断なら考えられない事です。。

ハッキリ言って経営者であれば

誰も借りないでしょう・・

 

そんなことを平気で提案するのが

AIの弱点なのです。

 

人が企業を評価する場合と

全く違う・・

ただの数字だけで、割り切って

判断してしまうのです。

 

確かに冒頭のような

チャットポットのような

 

自動会話プログラムやモニタリング

においては

一定の評価がなされていますが

 

貸出先の選定となると・・

正に機械的で面白みのない

判断に終始するのです。

 

1億円の資金余裕のある企業に

3000万を年利3%でどうですか?

 

それなら、ご融資させていただきますよ・・

という事ですから

 

営業マンなら、すぐに怒鳴りつけられ

そうです。

 

AIは平気で、そのような融資先を

選び出すのだそうです。

 

という事で、AIに何をやらせたいのか・・

どこまでやらせたいのか・・

 

その見極めがはっきりしないと

長年築いてきた信用も失ってしまう

事態にも、成り兼ねません。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

オールインワンのネットビジネスに欠かせないメルマガスタンドです・・・

http://myasp-ao.com/l/c/tmCbC7lI/jM3Hsw0z

動画もご覧ください・・山形の自然と日常をお伝えしています。

https://www.nicovideo.jp/user/96663403/video
 

 

金子 ラインの使い方動画

https://www.youtube.com/watch?v=WiKEVucHrVc

 

 

 

馬耳東風になってませんか?

こんにちは。

桑原通夫です。

 

馬の耳に念仏・・と言う言葉は

誰もが知っていますよね。

 

そしてその語源は・・

 

世人之を聞けば皆頭を掉り、

東風の馬耳を射るが如き有り・・

 

という李白の馬耳東風から

きていることも・・

 

馬耳は馬の耳ですが、

東風って何?・・

 

東風は春風の事で、

 

人々は東風が吹けば、寒い冬が

去って暖かくなる・・

と喜ぶものだが、

 

馬は春風が吹いても

何も思わない・・

 

馬耳東風とは、

そこから、人のいう事に関心を示さず

聞き入れようともしないことを

言う例えです。

 

馬耳東風は・・昔の話ではなく

今の時代でも、人々は

似たような思いをしているわけです。

 

自分以外には興味を示さない人・・

人を理解しようともしない人・・

いくら説明してもわからない人・・

 

そんな人は周りにも必ずいます・・

人間の悩みは今も昔も大差ない・・

ということでしょうか。

 

相手に価値が上手く伝わらない時は

おもわず、馬の耳に・・と

言いたくなりますよね。

 

猫に小判・・と言うのも

似たようなもので、

 

価値を理解できない人を

相手にしても無駄・・

と思う事があるわけです。

 

いつの世も・・価値を正しく伝えられない・・

歯がゆい思いをしている人は

沢山いるのです。

 

どうすればうまく伝えられるのか・・

結果として生まれたのが

コピーライティング・・ということです。

 

商品価値を正しく伝える事ができれば

このような歯がゆい思いも

しなくて済む・・

 

1000年以上も昔から

人類が引きずってきた悩みは、

今も同じである‥という事です。

 

それを解決するためには

ある技術が必要です。

 

そのものが持つ価値を

いかに正しく伝えられるか・・

 

馬の耳にも届くような言葉を

いかにして導き出すか・・

 

それがコピーライティングなのです。

一瞬で心をつかむような文章・・

 

その気がなくても買いたくなるような

言葉を巧みに使う技術・・

 

つまり、コピーライティングの

技術がないと、仕事にならない・・

 

ついでにマーケティングの理解もないと

せっかくの商品も正しく世の中に

伝わらない・・という事です。

 

カタヅケ・・が苦手な私は

ほぼ毎日のように妻に注意されますが

 

馬耳東風は人事ではありません。

まるで人事のように書いてみましたが

 

実は・・馬の耳に念仏とは

それはあなたのためにあるような言葉だ・・

と妻に言われたこともあります。

 

何べん言っても‥直らない

直そうともしない・・

 

それがあなただ・・・と

いう事です。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

オールインワンのネットビジネスに欠かせないメルマガスタンドです・・・

http://myasp-ao.com/l/c/tmCbC7lI/jM3Hsw0z

動画もご覧ください・・山形の自然と日常をお伝えしています。

https://www.nicovideo.jp/user/96663403/video
 

 

金子 ラインの使い方動画

https://www.youtube.com/watch?v=WiKEVucHrVc